気持ち良さそうに口笛を吹く姉妹とファミレス

カミナリは林に落ち、陽炎がたつ
「トマトジュース」が好きという人もいれば、嫌いな人もいるだろう。どうでもいいと思っている人も。君が感じる「おかゆ」って、どう?<ヘッダー>

夢中で大声を出す家族と飛行機雲

雑誌を眺めていたり街を歩いていると、可愛いな〜と思える人はたくさんいる。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、本人の今までの積み重ねかもしれない。
とても大きいと思う。
私が見てしまうのはミュージシャンの西野カナだ。
歌番組を見て、初めてインタビューを受けている姿を見た。
可愛い子!と見ずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、体格も程よい感じ、パステルカラーがとても似合う印象。
話し方がほわんとしていて、方言もポイントが高い。
曲は結構聞くけれど、話している姿を見てそれ以上にファンになった。

熱中して吠える友達と草原
夜、寝れないとなると、DVDをゆっくり見る。
昨夜見たDVDは、エスターというタイトルのアメリカ作品だった。
主要人物、エスターは、しっかりしているけれどずいぶん個性的な9歳の女の子。
ラストには衝撃の結果が見られる。
それを見ている半ばで、終わり方が分かる人がいるのか不思議なほど意外すぎる事実。
というのは、ビックリとするわけでもなく、ただゾクゾクとするような終わり方だった。
ストーリーは、いつでも私の夜の時間を濃い物にしてくれる。
問題は、いつもビールと一緒なので、体重が上昇するのが恐ろしい。

息絶え絶えでダンスする家族と冷たい雨

職場で出会ったお姉さんがいる。
変わった方で、トークの内容がいつも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、ネイリスト検定2級、通関士。
英検1級、漢字検定準1級、危険物取扱。
公認会計士までパスしているとうわさ。
さすがにこれを幼馴染に話してみたところ、あなたの聞き間違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の専務と結婚し退職していった。

一生懸命体操する姉ちゃんと月夜
今年の夏は、海水浴に行っていないが、楽しみに大変行きたい。
まだ、子が2歳になったばかりなので、海には入らせないでちょっと遊ぶ程度ですが、たぶん喜んでくれるだろう。
だけど、しかし、子供は、オムツをつけているから、他の遊んでいる人の事を考えたら海に入れない方がいいと思う。
それ用のオムツもあることはあるが、議論になっているらしいので。

勢いで歌う子供と濡れたTシャツ

いつも、仕事や家の中の事に追われてしまい、ほとんど空き時間がない。
隙間のフリーが手に入っても、なぜか次やるべき仕事のスケジュールなど、今後の期限が頭にある。
それでも、大きな休みができると、非常にワクワクしてしまう。
さて、少しの空いた時間を何に使おうかと。
最終的にはほとんどが、あれもしたい、これも、など願いのみが募り、全部は達成できない。
特に私はゆっくりペースなので、あっと言う間に夜まで経過。
時は金なり、とは正に真実だと思う。

雨が降る大安の晩は立ちっぱなしで
少年はめちゃめちゃお腹が空いていた。
来週から夏休みという頃、小学校から早足で下校しているときだった。
蝉も騒がしく鳴いていて、陽の光は強く、夕方なのにいまだ陽は高かった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校することも多いが、今日はめちゃめちゃお腹が減っていたから、急いで帰宅して何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べようと思っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋に多少は残っていたはずだ。
ご飯だっておそらく、残ったのが冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家へ向かった。
すると体中に、汗がもっと出てきた。

自信を持ってダンスする友人とファミレス

本日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ポートボールは苦手だったので、つまらなそうに体操着を着ていた。
今日はきっと、運動神経抜群のケンイチ君ばかり活躍するはずだ。
おそらく今日は、球技の得意なケンイチ君が活躍して女の子たちにキャーキャー言われるはずだ。
そうなると、少年が思いを寄せている、フーコちゃんも、ケンイチ君を見つめることになるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、体育の場へと小走りで出て行った。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年の方を何度も見ていたことを、少年は気付かなかった。

息もつかさず叫ぶ姉妹と読みかけの本
きょうは、梅雨が明けて初めて大雨になった。
ウキ釣りの約束を同僚としていたのだが、雷までなっているので、さすがに危険で行けない。
確認したら、雨が降っていなかったので、やっぱり行こうということになったのだが、釣りに行く道具の準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んで先に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を車に片づけていた。
餌も解凍して用意していたのに残念だった。
またの機会にと言って釣り道具をしまった。
明々後日からは晴れが続くらしい。
その時は、今度こそ予定を立てて行ってみる。

のめり込んで大声を出す子供とわたし

知佳子はAさんが大好き。
Aさんも知佳子を大事にしている。
彼が出張が決まれば、知佳子も連れて行ってもらっているし、この前は私も一日目だけ付き添った。
2人は私を同じ名前で呼びかけるし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、とりあえず、私に聞いてくれる。
どうしたものか可愛がってくれている気がしてきて、かなり心地が良いと思った。

陽気に叫ぶ妹と壊れた自動販売機
出張営業に行けば、1週間ほど帰ってこれない場合もある。
その時は、一生懸命頑張ってる感はありだけれど、すごく緊張しているので、2時間睡眠。
起床予定時間の相当前に、眠いのに目が覚める。
その代り、終了後の達成感は気に入っている。
狂ったように豪遊するし、寝れるし、しっかり食事をとる。

サイト内コンテンツ